「乳液でフタをする」はスキンケアの常識?

「くびれがない」とお嘆きのマダムのみなさま、こんぬつは。

この画像、よく見てみ!
特に「肋骨と骨盤の距離」

腹周りに肉もついているのもあるが
この距離が短くなっている=本来くびれる箇所が埋もれている

(≧▽≦)

だから、背伸びをオススメしとるのよね~

さて、スキンケア。
「洗顔後は化粧水をたっぷりつけて
その後は、補った水分が逃げないように乳液でフタをする」
な~んていうのが、まだまだ定番というか常識っぽかったりするよね。

でも、世の美肌の持ち主に聞くと
「何もつけてない」

それどころか
「日焼け止めもつけない」
って答えが、かなり多いんだよ。

「何もつけないでキレイなわけがない」
「あの炎天下、日焼け止め塗らないなんてありえない」
と思うよね。

ワシさまも7~8年前までは定番派だったのよ。
某●KⅡをフルラインで使用しとったしね。

だけど、肌トラブルを機に、いろいろ使うのをやめてみたのさ。

そうそう!
この、やめる時も、いきなり何もつけないのではなく
徐々にアイテムを減らすなど、段階をふんだほうがいいと思うよ~
ステロイドもね。
この話始めると長くなるから別の機会に^^

で、本題に戻ると
スキンケアは化粧水とアルガンオイルだけになったのさ(‘ω’)ノ

肌、めっちゃ調子いい❤

若い頃より肌トラブルがなくなったし、丈夫になった!!

日焼け止め、ほとんど塗らないけど焼けない。

水分があれば焼けにくいってことだべかの~

肌を守ってくれるのは皮脂膜。

水分と皮脂が混ざってできた、自分にとっての最高の保湿剤。

乳液のフタは不要ってことだべさ^^

ぜひ、メーカーの戦略にのせられることなく、本当に必要なモノを見極めてみてください(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA